グラフ

任意売却を専門的に取り扱っている業者がある

住宅の新しい流通スタイル

グラフ

競売よりも高く住宅を売る

マイホームを売却する場合、すでにローンを完済している場合は持ち主が自由に売ることができますが、返済が継続中の場合はそういうわけにはいきません。これは言うまでもなく銀行等の債権者が不動産に担保権を設定しているためで、売却に際しては債権者の同意が必要となります。担保権が設定された不動産物件を債権者との合意に基づいて売却することを、任意売却といいます。任意売却は、何らかの事情でローンの返済が困難になった場合に売却代金を残債に充てるための手段としてよく用いられます。こうしたケースでは以前は競売によって売却することが多かったのですが、任意売却の方が高額で売却できる可能性が高いことから普及が進んできています。今後は競売に代わるスタンダードな売却方法として定着していくものと考えられています。

購入者側からも注目

競売によって不動産を売却する場合、一般的な売却価格は市価の6〜7割と言われています。これは売却が裁判所の実施する競争入札によって行われるためで、入札流れを防ぐために最低落札価格を低めに設定せざるを得ないことによるものです。これに対して任意売却は仲介業者を介して売却されるのが通常なので、市価とそれほど変わらない価格での売却が期待できます。また売却スケジュールにも融通が利くので、住宅所有者にとってはメリットの多い制度となっています。とはいえ、任意売却物件はローンの返済期限に合わせて早めに処分する必要があるため、売却価格は一般の不動産物件よりは多少低めになります。そのため最近では中古住宅を割安価格で入手する手段として、物件を探している人の側からも注目を浴びるようになってきています。